考える男性

専門の不動産会社に借地権買取について相談してみよう

借地権付き建物を自宅として長年快適に利用してきたものの、さすがに建物の経年劣化が目立ってきたため大掛かりなリフォームをしたい場合、費やすお金はリフォーム代金だけでは済みません。地主に対して増改築承諾料を支払う義務が発生する可能性があります。この場合、そのような高額の支払いをしてでも、借地権付き建物で生活を続けるか、むしろ借地権の買取をしてもらって十分な資金を作り、近場に新しい家を購入するか、判断に迷うところかもしれません。借地権をいい値段で簡単に買取してもらえるなら、後者の選択肢も十分可能性としてありですが、必ずしもそうスムーズにいかないのが、借地権売却取引です。状況を冷静かつ正確に判断し、最善の対応を取るためには、とりあえず借地権問題を扱う専門の不動産会社へ相談しましょう。
不動産会社は、単なる相談窓口として機能しているだけではなく、借地権の買取そのものも手掛けているので、話し合いの結果それがベストという結論になれば、不動産会社に買取してもらうこともあり得ます。この場合、地主との交渉などは不動産会社の専門家に依頼できて、とても好都合です。まずは無料の電話相談を利用して、事情について情報シェアしてみるといいでしょう。

借地権の買取をする場合は地主の許可が必要

借地権は、家を建てるために土地を借りる権利のことを示します。借地権は相続財産になり、相続によって引き継ぐ可能性も出てきます。必要がなくなった借地権の買取をする場合、地主の許可が必要になります。まず最初に、地主に相談して地主の意向を確認することが大切です。
借地権は第三者に売却することができますが、地主に対して譲渡の承諾や建物建て替えの承諾、抵当権設定の承諾、借地契約の条件のすり合わせを行います。承諾を得たら、地主に対して借地権価格の10パーセント相当の承諾料を支払います。
借地権の買取は、地主と関係を持つことになります。交渉が苦手な場合は、自身で交渉するよりも専門の不動産会社へ相談し、代わりに交渉してもらうと交渉がまとまりやすくなります。信頼できる不動産会社を探すことが重要で、相談してみるとスムーズに手続きを行うことができるようになります。
高く売りたい時は、借地権だけではなく、底地を一緒に売却すると、高く売却できる可能性が高まります。借地権者が買取を希望するときに、地主も売却に同意する必要があります。借地権を底地と一緒に売却したい時は、地主に売却したい理由を提案し、きちんと交渉することが大切です。

権利関係が複雑な借地権の現金化のコツ

高齢者の中には借地権付きの一戸建て住宅に住む人も多く、亡くなった時に納税のためにその権利を現金化することもよくあります。しかし権利者が2人以上いる場合には、借地権の買取や売却が思うように進まないのが実情です。また地主との話し合いがまとまらないことも多いために、早めに専門の不動産会社へ相談するべきです。
借地権者や借家権者が10名以上いる、ビルやマンションの買取実績が多い業者に相談するのが、現金化をスムーズに進めるための基本です。専門の不動産会社のホームページで実績を確認すると、権利関係が複雑な場合でも対応可能な業者を見つけることができます。しかし業者に依頼する前に、地主との話し合いが行き詰まっており、問題解決が困難な案件があるのも事実です。けれども地主に丁寧に説明したり、交渉を進めるスキルがある業者を活用すると、借地権の買取、現金化も円滑に進められるようになります。
特に交渉成立の実績が多い業者は、地主が納得するように丁寧に説明することが可能な点が魅力的です。また権利関係が複雑な物件は査定が難しいために、地主と借りている人の話し合いが決裂する事例も多いです。しかし地域の相場と権利関係を総合的に考えて査定をしてくれる業者であれば、安心して依頼することができます。

アクションイメージ

Information

枝分かれの道

借地権のことは専門の不動産会社にお任せしよう

借地権という言葉は聞いたことがあっても、本当の意味はあまりよく分からない人が多いと思います。簡…

more read

豆電球マーク

借地権の買取には専門の不動産会社へ相談しましょう

借地権とは建物の所有を目的とし、土地は所有せず、地主に地代を支払うことで契約を締結させることを…

more read

チェック項目

借地権付きの建物の売却を考えているときは専門の不動産会社へ相談

借地権付きの建物の売却を考えているときは、専門の不動産会社へ相談することが大切です。権利関係の…

more read

虫眼鏡

借地権の売却には様々な制約がある

借地権の売却には様々な制約があります。重要なポイントは、地主に譲渡承諾を得てからでないと売却す…

more read